山の6カシミール3Dで製作した山岳展望

N35゚25'12"E134゚33'30"995m
瀞川山登山口
'05.8.7 瀞川氷ノ山林道の瀞川山登山口
瀞川山
瀞川山山頂へは瀞川氷ノ山林道の登山口から5分とかかりません。木の殿堂、瀞川稲荷からの登山ルートもあります。山頂からは兵庫県北部の多くの山々が展望できます。
N35゚25'08"E134゚33'22"1039m
瀞川山山頂
'05.8.7 瀞川山山頂
N35゚25'08"E134゚33'22"1039m
展望
'05.8.7 瀞川山山頂よりの展望

鉢伏山
登山ルートは瀞川氷ノ山林道のハチ高原側の林道出合いからのルート、ハチ北高原スキー場のゲレンデをつき抜けるルート、そして氷ノ山から赤倉山・高丸山経由の縦走ルートなどがあります。「鉢伏山霊石」と呼ばれる山頂付近に点在した奇岩・巨岩は開発によりリフト小屋横に移転されて、記念碑に元あった点在図が記されている。
N35゚23'43"E134゚32'11"1221m
鉢伏山山頂
'02.7.7 鉢伏山山頂
N35゚23'22"E134゚32'29"1043m
鉢伏山登山口
'02.7.7 ハチ高原側登山口と石碑
N35゚23'26"E134゚31'17"998m
登山口
'02.7.7 とちのき村からの登山道
N35゚23'43"E134゚32'11"1221m
霊石点在図
'02.7.7 記念碑の霊石点在図

N35゚28'15"E134゚38'16"1074m
蘇武岳山頂
'02.5.25 蘇武岳山頂
蘇武岳
冒険家植村直己氏の若き日の愛着の山だったと言われています。山頂は360度の視界が開け、日本海を望むことができます。山頂付近にはブナの自然林が残されています。妙見蘇武林道から山頂へは開設記念碑・東屋の前からと最短距離の北側からの二通りあります。また縦走登山ルートは名色-備前山ル-ト、阿瀬渓谷-金山峠ル-ト、奥神鍋ル-トなどがあります。
N35゚28'15"E134゚38'16"1074m
蘇武岳山頂より
'02.5.25 蘇武岳山頂より妙見蘇武林道と登山道
N35゚28'16"E134゚38'20"1026m
登山口
'02.5.25 妙見蘇武林道より最短で蘇武岳へ登れる登山口
N35゚29'06"E134゚36'39"453m
村岡神鍋林道より蘇武岳
'02.5.26 村岡神鍋林道村岡側より蘇武岳
N35゚27'39"E134゚34'28"406m
八岡林道より蘇武岳
'03.10.19 八岡林道より蘇武岳

山の7へ トップページ 鳥取周辺の林道NAVI