山の1カシミール3Dで製作した山岳展望

扇ノ山
扇ノ山エリアの地図&GPSデータ
標高1310mの山頂には避難小屋が建ち、360度の展望がひろがり天候が良ければ大山や日本海も遠望できます。登山コースはポピュラーな水の広場から小ズッコ・大ズッコを経る尾根ルートの河合谷コースのほか、河合谷林道のせせらぎ広場からの上地コース、風の広場展望台手前からの姫路コース、扇ノ山林道からのふるさとの森コース、畑ヶ平高原からの畑ヶ平コースがあります。
N35゚25'26"E134゚25'15"1003m
扇ノ山
'03.11.8 河合谷林道支線より風の広場展望台と扇ノ山
N35゚26'23"E134゚26'27"1310m
扇ノ山山頂
'02.11.23 扇ノ山山頂と避難小屋
N35゚25'46"E134゚26'27"907m
扇ノ山ふるさとの森登山口
'02.10.14 扇ノ山ふるさとの森登山口
N35゚26'10"E134゚27'38"1016m
扇ノ山畑ヶ平登山口
'02.5.2 扇ノ山畑ヶ平登山口
N35゚25'50"E134゚25'43"899m
扇ノ山姫路登山口
'02.11.23 扇ノ山姫路登山口

N35゚21'14"E134゚30'49"1510m
氷ノ山山頂
'03.10.27 氷ノ山山頂と避難小屋
N35゚21'14"E134゚30'49"1510m
氷ノ山山頂より扇ノ山
'03.10.27 氷ノ山山頂より扇ノ山方面の展望
N35゚21'48"E134゚30'13"1242m
氷ノ山
'03.10.27 氷ノ越より氷ノ山
N35゚21'17"E134゚30'40"1416m
登山道
'03.10.27 甑岩付近より氷ノ越、陣鉢山方面の展望
氷ノ山
標高1510mの氷ノ山は中国地方で大山に次ぎ二番目に高い山となります。兵庫県側からの登山コースもありますが、鳥取県側からは若桜町舂米より氷ノ越コース・仙谷コース・三ノ丸コースの3ルートの登山道が整備されています。
地図では氷ノ山(須賀ノ山)と記されてますが須賀ノ山はかつての鳥取県側の呼び名です。明治36年の「鳥取県管内全図」で氷ノ山は「菅ノ山」、現赤倉山が「豹ノ山」となっています。山岳団体の要望などから昭和10年現在の氷ノ山となりました。
N35゚21'34"E134゚30'18"1276m
ブナ林
'03.10.27 登山道のブナ原生林
N35゚21'49"E134゚30'13"1239m
氷ノ越と赤倉山
'03.10.27 氷ノ越と赤倉山
N35゚21'17"E134゚30'39"1403m
甑岩
'03.10.27 甑岩
N35゚22'16"E134゚28'41"956m
東因幡林道より氷ノ山
'04.6.5 東因幡林道より赤倉山、氷ノ山、わかさ氷ノ山スキー場
兵庫県からの登山道
兵庫県側からの氷ノ山の登山コースは瀞川氷ノ山林道より福定コース、東尾根コース、大段ヶ平コース、殿下コース、坂ノ谷コースの5ルートがあります。
氷ノ山エリア東部の地図&GPSデータ
N35゚21'36"E134゚32'48"848m
東尾根コース登山口
'02.7.7 氷ノ山東尾根コース登山口
東尾根コース
東尾根コースの登山口は写真の場所とここから瀞川氷ノ山林道を西へ1.8km地点の2箇所あります。
N35゚20'28"E134゚32'06"1107m
氷ノ山大段ヶ平登山口
'02.7.7 氷ノ山大段ヶ平コース登山口
N35゚20'28"E134゚32'06"1107m
大段ヶ平登山口
'02.7.7 氷ノ山大段ヶ平コース登山口
大段ヶ平コース
大段ヶ平コースの登山口は瀞川氷ノ山林道の関宮町と大屋町の町境の峠にあります。駐車は大段ヶ平の広いスペースがあります。
N35゚19'49"E134゚31'13"1199m
殿下登山口
'02.7.7 氷ノ山殿下コース登山口
N35゚19'50"E134゚31'13"1199m
殿下登山口
'02.7.7 氷ノ山殿下コース登山口
殿下コース
殿下コースの登山口は瀞川氷ノ山林道のR29側入口から7.7km地点にあります。登山口に駐車スペースが設けてあります。登山口から800mで坂ノ谷コースと合流します。
N35゚18'51"E134゚30'58"1018m
坂ノ谷コース登山口
'02.7.7 氷ノ山坂ノ谷コース登山口
N35゚18'55"E134゚30'59"1009m
坂ノ谷林道入口
'02.7.7 瀞川氷ノ山林道より分岐の坂ノ谷林道入口
坂ノ谷コース
坂ノ谷コースの登山口は瀞川氷ノ山林道のR29側入口から4.2km地点より分岐の支線を300m程入った所にあります。登山口に駐車スペースは狭いので瀞川氷ノ山林道に駐車するのが無難でしょう。

山2へ トップページ 鳥取周辺の林道NAVI