走行ルートマップ
'91,'95年に続き3度目の東北。出来るだけ通ったことの無い林道を探すがいくつかは2度目になる。
赤石川林道
8.11 赤石川林道の青岩展望台より
津軽峠
8.11 弘西林道の津軽峠
河北林道
8.11 河北林道の崖崩れ現場
真昼岳林道
8.13 真昼岳林道沿いで野宿
萓峠林道
8.14 萓峠林道の道路崩落現場。バイクは通行可
手代・奥山林道
8.14 手代・奥山林道の県境の峠
葡萄林道
8.16 葡萄林道の崖崩れ現場。葡萄・五枚沢林道で3箇所の崖崩れを突破
97.8.11
AM0:30青森港着。これから北海道に渡る連中と一緒にフェリーターミナルで仮眠する。4時に出発、まずコンビニで弁当を食べて、県道26津軽あすなろラインで五所川原へ。市街で迷ったがR101へ出て日本海へ。鰺ヶ沢町から赤石川林道へ入る。くろくまの滝入口の避難小屋で雨宿り兼仮眠する。弘西林道に出て津軽峠を通り美山湖へ。95年に田代相馬林道を走ったので今回は平行しているダートの県道317西目屋二ッ井線を選択。二ッ井から県道3を通りR105に出て南下する。阿仁町比立内から河北林道に入る。峠を越えて河辺町側の支線に入って野宿。
97.8.12
河北林道を出て岨谷峡から田沢スーパー林道へ。95年も橋崩落で通れなかったがダメモトで入る。途中で伐採作業中のおじさんに聞くとやはり通れないとのことでそこで引き返す。県道28からR13に出てまっすぐ南下、六郷の湧水群に寄る。県道11から県道50に出て真昼岳林道へ。峠を越えた辺りで絶好の野宿場所を発見するが、時間が早かったのでもっと良い場所があるかもと思いふもと近くまで行くが無くて引き返す。
97.8.13
雨降りで出発出来ず、一日テントの中。
97.8.14
真昼岳林道を出て県道1から萓峠林道へ。左草で林道入口が分らずうろうろ走りまわる。人に聞いてようやく見つかる。入口付近に1m幅を残して道路が崩落している場所があった。横手市街に出てR107を西へ。東由利から一部ダートの残る県道32で矢島へ出て、県道70を南下する。前之沢で前之沢百宅林道の標識を発見、林道名から百宅に抜けてると判断して入ってみた。予想通り百宅に出て手代・奥山林道に入る。県境の峠を越えた八幡町側で野宿場所を探しに支線に入る。支線わきの広場にテント設営。
97.8.15
奥山林道から八幡に出てR345からR47へ。最上峡から県道57へ。肘折温泉で月山登山口へ続く林道に迷い込んで往復した後、ダートのR458で十部一峠を通り寒河江へ。大江町から県道27を西へ。舗装林道の古寺林道を通り、西五百川林道に入る。朝日鉱泉でゲート通行止めだったが横を抜けて入る。峠の手前で崖崩れ、荷物を下ろしてなんとか通過する。一旦荷物を下ろしたし近くに水場もあったので、ちょっと狭いが道路わきにテント設営。
97.8.16
愛染峠より登山口まで往復して黒鴨林道へ。県道9へ出て長井市街を通り県道10から県道4で白川ダムへ。そして広河原から葡萄・五枚沢林道へ入る。林道内に3箇所崖崩れがあったが5・6人のライダーと一緒に突破する。喜多方市街に出て本名津川林道を目指す。県道16から県道338を西へ、渋滞のR49を抜けて県道227から本名津川林道に入る。川沿いの広場にテント設営。
旅の記録トップページ 前のページ 次のページ 95北海道編へ