旅の記録-'97北海道・道南編
走行ルートマップ
稚内からこっち毎日どこかで雨に降られた。気に入った道が決まってきて行きと同じ道を使うことが多くなる。
双珠別林道
8.3 双珠別林道で野宿
焚き火
8.3 双珠別林道で
8.4 草月林道より分岐を間違えて入った東湖畔林道。
峰越林道
8.6 峰越林道のドラゴンウォーター入口付近
熊戻
8.7 雨が降り続き4連泊した熊戻休憩所
臼別林道
8.10 臼別温泉へ続く林道。昨日の雨で道が崩落
花沢温泉
8.10 偶然見つけたオープン記念100円の花沢温泉
石崎松前林道
8.10 石崎松前林道の石崎側入口。工事中通行止め
トンガリチリチリ林道
8.10 トンガリチリチリ林道の道路半分崩落現場
97.7.31
滝上からR273を南下、浮島トンネル旧道へ。浮島湿原まで歩いてみる。再びR273を南下、層雲峡を通り大雪湖へ。ダートのピストン、大雪山観光道路を往復する。さらにR273を南下、三国峠を通り、糠平三股林道で再びさわと温泉へ。三国峠を過ぎたあたりから雨が降り出し、さわと温泉着と同時に大降りに。入浴もテント設営もあきらめる。音更川本流林道の入口に小屋があったのを思い出して行ってみる。雨が吹き込むので小屋の中にテントを張る。
97.8.1
雨は朝には止んでいた。出発までに登山届を記入しに2・3組来訪。驚かせたみたい。まずさわと温泉に引き返し入浴する。そして糠平三股林道を南へ。R273から道々85へ。幌鹿峠より再び不二川迂回林道に入る。上士幌へ出て、R241を南下する。帯広の手前で道々498へ。そして十勝ヶ丘林道をオルシナイ林間キャンプ場へ。天気予報で午後から雨ということで無料のバンガローでしのごうと思ったのだが、団体の予約が有ると断られた。仕方ないので林道の奥へ。いい野宿場所も無く十勝川温泉に抜けていた。R38に出て帯広へ。そしてR236から道々240へ。岩内仙峡の岩内自然の村キャンプ場へ。ここの無料バンガローも予約済みとの事。他にあても無いのでこのキャンプ場にテント設営。が小学生の団体がやって来て騒がしいので熊出没で閉鎖されてる別のサイトへ移動する。
97.8.2
雨のあがるのを待ってたら昼前になる。キャンプ場付近のダートをちょっと走ってから出発。適当に走って道々55から芽室へ出る。R38を北上、狩勝峠を越えて道々で上トマムへ。再び双珠別林道に入る。7月9日に走った時見つけておいた野宿に絶好の場所へテント設営。
97.8.3
双珠別林道の続きを走りR237へ出て占冠へ。道々136から道々610のダートへ。雨の後でどろどろの路面を走りR274に出て西へ。穂別町営キャンプ場前から炭坑厚真川林道へ入る。道々10に出て西へ。R36から千歳を通り恵庭市へ。道々117をえにわ湖へ。ゲートが閉っていたので引き返し市営牧場から千歳林道へ入る。7月6日に見つけた場所にテント設営。
97.8.4
千歳林道を引き返し、分岐を右へ。出口に恵庭エンデューロの看板があった。さけますふ化場から道々16に出てすぐ鳥柵舞林道へ入る。第一縦断林道と合流してR276へ出る。すぐ丸山林道入り、道々141からR276を西へ。美笛峠を通りR453へ。北湯沢温泉から草月林道に入る。気が付いたら分岐を間違えて東湖畔林道に入っていた。林道名からすると洞爺湖に抜けてそうなので続けて走る。途中に洞爺湖を見下ろせる展望東屋がある。洞爺湖の滝之上キャンプ場の正面に出て洞爺湖畔を北上。草月林道にこだわってどこで間違えたか確認の為、草月林道を走ってみる。草月林道の北湯沢手前でテント設営。
97.8.5
雨の止み間が無く出発出来ず、一日中テントの中で過ごす。
97.8.6
草月林道を引き返し洞爺湖へ。R230を北上し道々66へ。羊蹄山の湧き水に寄り、ニセコへ。一部ダートの道々343でR5へ。黒松内から道々523で日本海へ出てR229を西へ。そして千走から賀老高原へ。尾根筋に出た辺りで賀老林道の分岐を発見、下りだが入ってみる。千早温泉の手前に出た。引き返して峰越林道から真駒内林道へ。熊戻野営場内の熊戻休憩所に泊まる。
97.8.7-9
雨降りとここが気に入ったこともあり連泊する。登山の人が多いと思ったが釣り雑誌に紹介されたらしく釣り人が多く来訪。
97.8.10
ようやく雨が上がり出発。真駒内林道を北桧山に出てR229を南下。臼別温泉を目指すが先日の雨で道路が崩落していた。さらに南下し平田内温泉を目指すが川が増水して水没との事。さらに南下し江差の先で花沢温泉を発見。今日がオープンでオープン記念100円でようやく入浴。さらに南下し石崎より石崎松前林道を目指すが工事中でゲート通行止め。引き返してR228を南下。松前から福島を通り知内の手前でトンガリチリチリ林道へ入る。雨水が道を川のように流れていた。林道内に野宿場所を探すが見つからなかったので道々5に出て木古内からR228へ。そのまま函館港に行き、20時30分発青森行きフェリーに乗る。
旅の記録トップページ 前のページ 次のページ 95北海道編へ