走行ルートマップ
初めて礼文島と利尻島に上陸。8時間コース、礼文岳、利尻山登山とバイクを離れて歩ってみる。
函岳林道
7.21 美深歌登大規模林道の加須美峠より分岐の函岳林道
浜頓別のダー
7.22 浜頓別から浜猿払に続くダート
浜頓別のダート
7.22 浜頓別から浜猿払に続くダート
海岸沿いのダート
7.22 浜頓別から浜猿払に続く海岸沿いのダート
野宿
7.22 ケモマナイ林道沿いの河原で野宿
礼文
7.23 礼文林道の支線
礼文岳
7.23 礼文岳山頂
利尻山
7.25 利尻島の野中林道より利尻山
利尻山山頂
7.26 利尻山山頂
北海道・道東編からの続き
丸瀬布のコンビニを小降りの中出発、金八峠付近にダートの道々305へ。そして白樺峠のクチヤナイ林道を走る。雨は降ったり止んだり。道々137滝上経由で氷のトンネルキャンプ場へ。ここの無料のバンガロー、ロッジウエンシリに泊まる。
97.7.19
昼頃には雨が上がるが居心地いいので連泊に決める。氷のトンネルよりTVのニュース番組の生中継リポートをやっていた。
97.7.20
滝上まで戻り食料調達し、道々61を西へ。岩尾内湖に出て道々101を北へ。そしてふうれん望湖台経由で名寄へ。ピヤシリスキー場からピヤシリ越林道に入る。雨がパラパラ来たのでピヤシリ山荘・樹氷で休憩、天気も良くないしそのままここに泊る事にした。
97.7.21
ピヤシリ山荘前より分岐のピヤシリ越林道の支線でR239に出て名寄へ。そしてR40美深から美深歌登大規模林道(道北スーパー林道)に入る。加須美峠より分岐のピストン林道、函岳林道で函岳ヒュッテへ。なぜか自衛隊の大型バスが止まっていた。加須美峠から美深歌登大規模林道の続きを走り、天の川トンネルに出て風烈布林道へと入る。R238に出て枝幸市街へ。食料調達して道々12からケモマナイ林道へ入る。ケモマナイ越林道の分岐近くの河原にテント設営。ここは95年もキャンプした同じ場所。
97.7.22
ケモマナイ林道の続きを行くがウエンナイ林道分岐の先で通行止めとなっていた。しょうがないのでウエンナイ林道で枝幸へ出てR238を北上する。 浜頓別からベニヤ原生花園の手前より入る海岸沿いのダートで浜猿払へ出る。R238を北上して宗谷岬へ。宗谷岬から道々889を通りR238に合流。稚内空港付近の海岸の砂浜を走ったりしながら稚内へ。フェリーの時間があったので野寒布岬まで寄り道する。稚内港より東日本フェリーで礼文島香深港へ。真直ぐ緑ヶ丘公園キャンプ場へ行きテント設営。
97.7.23
まず礼文林道を走る。休憩した所が偶然礼文滝への遊歩道入口だった。ちょっとそこまで散歩のつもりが礼文滝まで往復する。そして礼文林道の続きを走り、元地に寄る。引き返して道々40の南端の知床へ寄り、道々40を北上してスコトン岬へ。ものすごい強風だった。来た道を引き返し内路へ。内路から礼文岳へ登る。礼文岳頂上も強風ですぐ下山。キャンプ場に戻り北限湯で入浴。
97.7.24
礼文林道途中の遊歩道入口にバイクを止め、宇遠内へ。宇遠内から海岸線のハイキングコースを北へ。北側入口手前で引き返す。礼文林道を走り元地へ行き屋台のうに丼を食べる。時間があったので起登臼から礼文岳の登山道を歩く。内路からの合流点まで往復してキャンプ場へ帰る。北限湯で入浴。
97.7.25
緑ヶ丘公園キャンプ場に3連泊するが、ここは有料のはずが管理人は留守で集金も来ないので払わずじまいで出発。礼文林道経由で香深港へ。東日本フェリーで鷲泊港へ。真直ぐ利尻北麓野営場に。テントを設営して身軽になり左回りに利尻島を一周。途中沓形岬、野中林道、砂防ダムに行く作業道、姫沼近くの林道に寄る。
97.7.26
早朝より利尻山登山。天気も良く最高だった。天然温泉・こまどり湯入浴。
97.7.27
沓形より見返台公園展望台へ。利尻山登山の沓形コースを登ってみるが、昨日の疲れと暑さで途中で止める。森林公園周辺と利尻航空付近で林道を見つけて走っただけ。
97.7.28
もう少し利尻島でゆっくりしたかったが天候が悪くなるということで出発する。礼文島・利尻島の6日間は晴天が続いた。鷲泊港から東日本フェリーで稚内港へ。R40を南下、宮の台展望台へ寄り、ダートの道々923へ。落合広域農道から道々84に出て真直ぐ東へ。やはり雨が降りだす。浜頓別からR238で枝幸へ。そして再びケモマナイ林道に入り21日と同じ所でテント泊。
97.7.29
雨降りでもう1泊。
97.7.30
ケモマナイ越林道で枝幸に出てR238を南下、再び風烈布林道へ。道々120に出て南下、道々49へ。そして道々60から幌内越峠手前で奥幌内本流林道へ入る。ピヤシリ越林道へと続き、ピヤシリスキー場へ出て名寄へ。そしてR239を東へ。西興部から氷のトンネルキャンプ場へ。再びロッジウエンシリに泊まる。
旅の記録トップページ 前のページ 次のページ 95北海道編へ