走行ルート
'88年のツーリングから7年ぶり、2度目の北海道ツーリング。小樽に上陸し、まずは富良野から北へ向かう。
稚内空港付近の砂浜
7.17 稚内空港付近の砂浜
海岸沿いのダート
7.18 浜猿仏から浜頓別への海岸沿いダート
ケモマナイ林道
7.18 ケモマナイ林道
野宿
7.19 ケモマナイ林道沿いの河原で野宿
道北スーパー林道
7.19 美深歌登大規模林道
道北スーパー林道
7.19 美深歌登大規模林道
朱鞠内湖西岸
7.20 朱鞠内湖西岸のダート
ピヤシリ越林道
7.20 ピヤシリ越林道
ピヤシリ越林道
7.20 ピヤシリ越林道
ピヤシリキャンプ場
7.23 ピヤシリキャンプ場の無料で使用できる避難小屋
ピヤシリ山山頂
7.22 ピヤシリ山山頂
95.7.12
敦賀港より新日本海フェリーで小樽港へ。
95.7.14
早朝小樽港着。まずは富良野を目指す。R5を東へ、銭函よりR337で当別へ。R275を北上、滝川よりR38を芦別へ。雨が降り出すがダートの道々70芦別美瑛線に入る。R237に出て南下し富良野へ。鳥沼公園キャンプ場にテントを設営して富良野付近をぶらぶらする。
95.7.15
ダートの道々253で麓郷へ。北の国からのロケ地、五郎の家を見学する。ダートのベベルイ基線を通り道々291へ。十勝岳温泉・吹上温泉と通過するが時間が早かったので入浴せず素通り、道々966を美瑛へ。R237から旭川市街を通り県道98を西へ。沼田町の幌新温泉にて入浴。温泉付近の沼田ダムの近くの空き地にテント設営。
95.7.16
この日は舗装路のみ。道々で日本海に出てR232からR40と北上する。途中遠別町の旭温泉で入浴。豊富町の兜沼公園キャンプ場にテント設営。今は有料だが当時は無料だった。
95.7.17
テントはそのままで身軽で走る。まずR40を北上しR238を東へ。稚内航空付近で海岸に下りて砂浜を走る。再びR238に出て宗谷岬へ。最北端の碑など見学したり開設中の道々に寄り道した後、R238を引き返し稚内から野寒布岬へ。そして日本海オロロンラインを南下する。海も飽きたので適当に内陸に入り、サロベツ原野を通って道々84から落合広域農道へ。途中の草地牧場レストハウスで100円で牛乳のみ放題を見つけて立ち寄る。R40に出て宮の台展望台に寄り、その奥のダートの道々を走ってから兜沼公園キャンプ場へ帰る。
95.7.18
目梨別経由で道々121から道々84で上猿払へ。そしてダートの道々732上猿払浅芽野線を通り、R238に出る。浜猿払より海岸沿いのダートを走る。ここは地図には載っていないがなんかの雑誌で見て走りたかった道。アップダウンの無いダートが浜頓別の原生花園まで続く。浜頓別からR238を南下して枝幸を通り、道々12からケモマナイ林道に入る。林道入口を探すのに苦労した。林道沿いの河原にいい場所が見つかりテント設営。
95.7.19
林道三昧の日になった。ケモマナイ林道の続きを走り、一旦R238問牧に出てから引き返してウエンナイ林道へ。そしてケモマナイ越林道からケモマナイ林道に戻って引き返し、道々12に出る。そして道々120から美深歌登大規模林道(道北スーパー林道)へ。R40に出て森林公園美深アイランドキャンプ場にてキャンプ。キャンプ場向かいの美深温泉に入浴。
95.7.20
美深からR275で朱鞠内湖へ。朱鞠内湖西岸のダートの道々528を走り、ぐるっとまわって道々688で名寄へ。そしてピヤシリスキー場近くのピヤシリキャンプ場へ。無料の避難小屋兼バンガローが空いていたのでとりあえず荷物を下ろし、身軽になってピヤシリ越林道を走る。奥幌内本流林道と名前を変えて県道60に出る。県道49分岐点から神門の滝に通じる、奥幌内本流林道の北側の名称不明林道へ入る。分岐が多く本線が見極めづらかったが、感で走って奥幌内本流林道に合流できた。神門の滝を見物してピヤシリ越林道をキャンプ場へ戻る。
95.7.21
ピヤシリキャンプ場の避難小屋兼バンガローが気に入ったので連泊に決める。今日は買出しと五味温泉に入浴に行っただけ。
95.7.22
雨降りでゆっくり休養。昼過ぎに雨が止んでピヤシリ山山頂に登る。
95.7.23
荷物は置いて下川から道々101を南下、天塩岳ヒュッテまでのピストン林道へ。支線の含鉄の沢線なども走る。道々101に戻って南下する。於鬼頭峠までの区間ダートが残っていた。愛別ダムの先の協和温泉に入浴して、ふうれん望湖経由でピヤシリキャンプ場に帰る。
95.7.24
4連泊したピヤシリキャンプ場を昼前に出発する。R239を東へ、西興部から道々137へ。氷のトンネルを見学して滝上からR237を東へ。道々553から道々137を通り遠軽へ。そして道々244でサロマ湖に出て、R238を東へ。浪速林道に入る予定だったが、気が付いたら通り過ぎていた。引き返さずそのまま熊取湖から網走湖へ。網走湖畔の簡易トイレと水場があるだけの嘉多山キャンプ場でキャンプ。他にキャンプ客はいなかった。
旅の記録トップページ 97北関東~北陸編へ 次のページ 99四国編へ