村岡神鍋林道(仮称)
R482の蘇武トンネルの旧道となる。標識によると町道と県道のようだ。村岡町側からはR482の蘇武トンネル手前の分岐を入る。日高町側からは県道258を道なりに。町境の白菅峠で妙見蘇武林道・三川林道と十字に交わる。日高町側は舗装混じりのフラットダートで交通量は多め。村岡町側は廃道化していてダート区間には深い流水溝が出来ていて簡易舗装部も落石だらけのため、ライン取りに注意して慎重に。
最終確認日='07.4.29
N35゚30'03"E134゚37'13"777m
ブッシュ
'07.4.29 村岡側白菅峠近くこの時期にブッシュ
N35゚29'47"E134゚36'50"599m
流水溝
'07.4.29 村岡側は深く抉れた流水溝が目立つ


妙見蘇武林道
八鹿町の県道267から村岡町・日高町の町境の尾根沿いに白菅峠に続く広域基幹林道。北側のダートは白菅峠の始点から2km弱を残すのみ。金山峠から八鹿町側も最近走ってないが舗装化されてるかも。
最終確認日=
'06.8.14(白菅峠-神鍋蘇武林道分岐間)
'04.5.6(金山峠-白菅峠間)
'02.5.25(金山峠-名草神社間)
N35゚27'56"E134゚38'07"967m
「蘇道」の石碑
'02.5.25 「蘇道」の石碑
N35゚30'04"E134゚37'16"775m
始点
'06.8.14 白菅峠の林道始点より


神鍋蘇武林道
妙見蘇武林道と神鍋高原の万場を結ぶ新設林道。途中に2箇所ロープが張ってあるが、崖崩れ等の補修工事終了後もそのままにしてあるのか意味不明。
最終確認日='06.8.14
N35゚29'35"E134゚38'39"810m
眺望
'06.8.14 万場スキー場のリフト降り場より神鍋高原方面の展望


白菅山林道(仮称)
村岡神鍋林道の村岡側と三川林道を結ぶが、現在崖崩れ(forestclub氏の情報、手前で廃道化のため未確認)で通行不能となっている。
最終確認日='06.8.14(三川林道側)
/'02.8.25
日影耀山林道(仮称)
県道267日影と県道259を結ぶ。日影側入口はR9から県道267を200m入ったところ。日影浄水場の先からダートに。約2kmで日影金山峠林道が分岐する。その先の分岐は右が県道259耀山へ。左は2kmで行き止り。現在金山峠への分岐より日影側に倒木があり通行できない。最終確認日='04.5.6
日影金山峠林道(仮称)
妙見蘇武林道の金山峠と日影耀山林道を結ぶ作業林道。砂利が敷き詰めてあり、一部急坂もある。
最終確認日='04.5.6
N35゚29'55"E134゚36'44"630m
村岡神鍋林道側入口
'02.8.25 村岡神鍋林道側分岐の入口
N35゚26'40"E134゚37'16"540m
耀山側入口
'02.5.25 県道259耀山側入口
N35゚26'10"E134゚37'24"598m
'02.5.25 兎和野高原方面の眺め


造林作業道羽尻線名色羽尻林道
妙見蘇武林道の金山峠と日高町名色を結ぶ。夏は道の両側に草が生い茂り見通しが利かない。名色に抜ける手前で開設中の名色羽尻林道とクロスする。備前山への分岐すぐに蘇武岳の登山口がある。 最終確認日='02.5.26名色と羽尻を結ぶ予定の開設中の林道。作業道羽尻線とクロスする。羽尻側は未調査。
最終確認日='02.5.26
N35゚26'38"E134゚37'53"763m
金山峠側入口
'02.5.26 妙見蘇武林道の金山峠側の入口
N35゚28'39"E134゚39'17"745m
作業道羽尻線
'02.5.26 一瞬眺望が開ける
N35゚28'59"E134゚40'46"409m
分岐
'02.5.26 右の下りが作業道羽尻線


妙見山林道(仮称)
妙見蘇武林道から分岐する尾根沿いの5km強のピストン林道。妙見山山頂近くを通り眺望最高、おすすめです。
最終確認日='02.5.25
支線
妙見蘇武林道より分岐のピストン林道。前半は尾根沿いでフラット。
最終確認日='02.5.25
作業道大栃谷線
妙見蘇武林道の日高・八鹿町境付近より分岐のピストン林道。
最終確認日='02.5.25
N35゚25'25"E134゚38'44"997m
尾根
'02.5.25 尾根沿いで眺望最高
N35゚26'08"E134゚38'39"976m
入口
'02.5.25 妙見蘇武林道より分岐の入口
N35゚25'47"E134゚39'17"863m
入口
'02.5.25 妙見蘇武林道より分岐の入口


福岡作山林道R9の村岡町福岡と県道267作山を結ぶ予定の開設工事中の林道。作山側で笠波八井谷林道とH字でクロスする。最終確認日=''06.8.15(福岡側)/04.5.6(作山側)
N35゚25'28"E134゚37'08"390m
作山入口
'04.5.6 作山側入口より
N35゚25'00"E134゚36'52"565m
山吹
'04.5.6 法面に山吹が咲く
N35゚25'14"E134゚36'58"569m
H字交差点
'04.5.6 笠波八井谷林道とのH字交差点より


笠波八井谷林道(仮称)村岡町のR9笠波峠と八井谷の但馬トンネル西側入口を結ぶ。福岡作山林道とクロスし、八井谷側で但馬トンネルの旧道が分岐する。この旧道は八木谷大谷林道と繋がっている様だが廃道状態で一部未調査。本線もforestclub氏の情報で但馬トンネルから4km地点で崩れ落ちているとのことで、但馬トンネル側の旧道分岐のから流水溝が深く補修はない様で適当な所で退散した。最終確認日='06.8.15(八井谷側一部/'04.5.6
N35゚25'15"E134゚37'01"563m
蘇武岳
'04.5.6 福岡作山林道分岐すぐより蘇武岳
N35゚24'24"E134゚36'45"579m
鉢伏山
'04.5.6 鉢伏山を望む
N35゚24'06"E134゚36'36"482m
分岐点
'06.8.15 直進が八井谷峠旧道、左が笠波峠だが


八木谷大谷林道R9但馬トンネル東側入口と関宮町大谷を結ぶ予定の開設工事中の林道。関宮町尾崎からの舗装林道と繋がって尾崎-但馬トンネル間は開通している。但馬トンネル側は建材リサイクル工場の入口を入る。直進は八井谷峠旧道で、本線は右の分岐へ。尾崎からはR9の尾崎バス停横を入る。入ってすぐの交差点は直進気味のコンクリート簡易舗装へ。
最終確認日='06.8.15
N35゚23'40"E134゚38'23"754m
関宮尾崎境界
'04.5.6 関宮尾崎境界の標柱
N35゚23'53"E134゚37'37"642m
氷ノ山
'04.5.6 林道より氷ノ山
N35゚23'55"E134゚38'14"677m
崖崩れ
'06.8.15 法面は崩れたままだが道幅は確保


このページで紹介の林道すべて・・妙見-蘇武エリア妙見-蘇武エリアの地図&GPSデータ妙見-蘇武エリアの3D展望図妙見-蘇武エリアのスポットインフォ妙見-蘇武エリアのあるばむ
トップページ近隣エリア瀞川山エリア三川山エリア城崎-豊岡エリア