大通中江林道支線1
大通中江林道の支線の中で唯一抜けられる。大通峠側入口付近は砂っぽい赤土路面で、その先の崩落箇所付近は大荒れに。夏は通行が困難になるほど草が生い茂る。この草に深い溝が隠れているので注意。加地川側は荒れは少ない。
最終確認日='02.4.28
N35゚14'44"E134゚26'31"815m
加地川側入口
'02.4.28 加地川側の入口
N35゚14'21"E134゚26'45"1004m
崩落箇所
'02.4.28 崩落箇所より
N35゚14'05"E134゚26'04"938m
大通峠側分岐入口
'02.4.28 大通中江林道よりY字分岐の入口
N35゚14'39"E134゚27'17"1030m
'02.4.28 展望の良いスカイライン
N35゚14'21"E134゚26'44"1004m
崩落箇所
'02.4.28 バイクは何とか通れる崩落箇所


支線2
まだ新しく、砂利が深いピストンの作業林道。短いが終点より支線1が望める。
最終確認日='02.4.28
N35゚13'55"E134゚26'06"965m
大通中江林道より分岐入口
'02.4.28 大通中江林道より分岐入口
N35゚14'05"E134゚25'57"1014m
終点より
'02.4.28 終点より支線1を望む


支線3
途中で3本に分岐するがすべてピストンの作業林道。入口数10mは簡易舗装。2つめの分岐の三叉路は真中と左はすぐ先で合流する。
最終確認日='02.4.28
N35゚14'26"E134゚25'46"1020m
北東側の終点
'02.4.28 北東へ分岐の支線終点
N35゚14'07"E134゚25'37"1089m
南側の終点
'02.4.28 南西に分岐の支線の終点


N35゚14'43"E134゚26'19"911m
入口
'02.4.28 大道中江林道より分岐入口
支線4
ほとんど高低差のないピストンの作業林道。夏は草が生い茂り通行困難となる。 最終確認日='02.4.28
N35゚15'32"E134゚26'39"924m
終点
'02.4.28 終点より
N35゚15'04"E134゚26'24"936m
崩落箇所
'02.4.28 道路崩落。バイクは通れる


支線5
尾根沿いの3kmのピストン作業林道。入口にあったゲートは撤去されいる。
最終確認日='02.4.28
N35゚14'38"E134゚25'44"1004m
入口
'02.4.28 大道中江林道より分岐の入口
N35゚14'35"E134゚25'13"1090m
中間地点
'02.4.28 尾根沿いのほぼ中間地点


大通中江林道・
大道中江林道について
以前、沖ノ山林道へ通じる道も大通中江林道と紹介していましたが、私の勘違いでした。
加地川沿いの道が大通中江林道で、中江の一本杉の下手から分岐して沖ノ山林道へ至る道は「大道中江林道」といいます。したがって支線4と支線5は大道中江林道の支線です。また三叉路にある開通記念碑は大道中江林道のものです。
林道MAPの訂正はしていませんので注意。


大通中江林道支線群・・大通中江エリア大通中江エリアの地図&GPSデータ大通中江エリアの3D展望図大通中江エリアのスポットインフォ大通中江エリアのあるばむ
トップページ近隣エリア若桜エリア沖ノ山エリア西粟倉-勝田エリア波賀エリア