志戸坂峠道
鳥取県と岡山県県境の志戸坂峠の古道。志戸坂峠の鳥取側に新たに木製の階段が設置されてトレールバイクは通り抜け出来ない。鳥取側は志戸坂トンネル入口の右側のダートが入口。約1km程で旧道の旧志戸坂トンネル手前より分岐する林道と合流する。鳥取側は入口に標識はなく普通の林道だが岡山側は遊歩道として整備されている。なお旧志戸坂トンネルは封鎖されていて通行不能です。
最終確認日='08.6.1(鳥取側)/'02.10.12
N35゚12'37"E134゚19'46"580m
東屋
'04.7.11 鳥取側に新設された東屋
N35゚12'38"E134゚19'39"543m
分岐
'04.7.11 看板のある左へ、直進は新設ピストン


若杉林道(仮称)
村道大茅線の若杉原生林入口手前より分岐するピストン林道。県境には「吉?林道起点・鳥取営林署」の標柱があるが鳥取側の距離は僅か。本線と支線の2箇所で若杉峠~峰越峠の縦走路とクロスする。
最終確認日='08.6.1
N35゚15'05"E134゚23'53"1044m
氷ノ山~扇ノ山
'08.6.1 支線終点より氷ノ山~扇ノ山の展望


ダルガ峰林道
全線舗装の大茅鍋ヶ谷林道より分岐してダルガ峰登山口、駒ノ尾山登山口、大海里林道分岐、野鳥苑林道分岐を経由して、大規模林道粟倉木屋原線と交差し新田へ至るスカイライン林道。全線舗装と紹介したが野鳥苑林道を利用の為に一部未走行で、この区間に1km程の砂利ダートが残っていた。途中で分岐する大海里林道は村道大茅線の小才田へ通じる全線舗装済林道。
最終確認日='08.6.1(一部)/'05.7.18
N35゚11'41"E134゚21'50"954m
駒ノ尾山登山口
'02.10.12 駒ノ尾山登山口
N35゚15'51"E134゚22'28"1087m
ダルガ峰登山口
'04.7.11 ダルガ峰登山口
野鳥苑林道(仮称)
ダルガ峰林道と野鳥苑のコテージ群を結ぶ作業林道。ダルガ峰林道側で二手に分かれるがどちらもダルガ峰林道へ通じる。崖崩れや崩落はなく二輪なら通行は可能だが、落石や流水で荒れていてほぼ廃道状態。なお、野鳥苑は廃業か休業で閉鎖されていた。
最終確認日='08.6.1
N35゚11'22"E134゚21'16"649m
林道入口
'08.6.1 野鳥苑側の林道入口より
N35゚11'16"E134゚22'06"772m
ダルガ峰林道側入口
'04.7.11 ダルガ峰林道側入口
支線D
ダルガ峰林道より分岐するピストン林道。新設されたばかりで荒れはないが幅の狭い片側崖のガード類のない道が続く。展望が良いのでよそ見注意。この支線から分岐する遊歩道はダルガ峰林道からの駒ノ尾山登山道に合流する。
最終確認日='02.10.12
N35゚11'32"E134゚22'28"994m
林道
'02.10.12 林道より
N35゚11'32"E134゚22'28"994m
林道
'02.10.12 林道より
支線E
ダルガ峰林道より分岐する短いピストン作業道。終点はダルガ峰から駒ノ尾山への縦走路である中国自然歩道のちくさ高原からの登山道の合流点で、木陰にベンチがあり休憩に最適。
最終確認日='05.7.18
N35゚12'12"E134゚22'39"1021m
入口
'05.7.18 ダルガ峰林道より分岐の入口
N35゚12'05"E134゚22'57"1121m
終点
'05.7.18 終点の中国自然歩道
支線F
ダルガ峰林道より分岐するピストン支線で入口はチェーンゲートで封鎖されている。伐採の終わったダルガ峰高原を突っ切る約1kmの直線区間もある。ダルガ峰登山道とクロスしダルガ峰山頂はすぐ。
最終確認日='05.7.18
N35゚12'42"E134゚22'26"1111m
ゲート
'05.7.18 入口のチェーンゲート
N35゚12'43"E134゚22'42"1133m
沖ノ山
'05.7.18 ダルガ峰登山口より沖ノ山


鍋ヶ谷林道
ちくさ高原の県道72より分岐するピストン林道。全線フラットで途中に後山(鍋ヶ谷コース)登山口がある。林道脇の看板地図には鍋ヶ谷山の登山道も出ているが標識は見当たらなかった。入口には鍋ヶ森神社奥の院の石碑がある。
最終確認日='04.7.11

この鍋ヶ谷林道入口から県道72を北側の駒の尾山登山口の隣から分岐する林道がある。急坂の上表面が流されて大荒れの道。途中でリタイアしたのでどこまで行ってるか分らないが腕に自信のある方は挑戦を。
N35゚11'59"E134゚23'55"910m
鍋ヶ谷山
'04.7.11 鍋ヶ谷林道より鍋ヶ谷山
N35゚11'59"E134゚23'55"910m
後山、船木山
'04.7.11 鍋ヶ谷林道より後山、船木山
N35゚11'44"E134゚24'16"981m
ちくさ高原
'04.7.11 鍋ヶ谷林道よりちくさ高原方面
N35゚11'45"E134゚24'09"967m
後山登山口
'04.7.11 鍋ヶ谷林道の後山登山口


天児屋林道(仮称)
たたらの里学習館を経てちくさ高原へ至る全線舗装の新倉林道より分岐するピストン林道。一応通行止めとなっている。途中に落岩があるがバイクは通行可能。
最終確認日='04.7.11
N35゚13'11"E134゚24'44"727m
ゲート
'04.7.11 一応は通行止め
N35゚14'06"E134゚24'13"1049m
展望
'04.7.11 左より後山,船木山,鍋ヶ谷山,駒の尾山


黒谷林道真船林道(仮称)滝谷林道
大原町の吉野川支流の黒谷川沿いのピストン林道。黒谷川には黒谷の滝・しもうさこの湧き水・吉井川源流の碑などがある。
最終確認日='03.8.3
大原町の川上ダムより真船川沿いに延びるピストン林道。
最終確認日='03.8.3
西粟倉村知社の大規模林道粟倉木屋原線より分岐するピストン林道。
最終確認日='03.8.3
N35゚08'55"E134゚18'08"501m
黒谷林道
'03.8.3 黒谷林道
N35゚07'13"E134゚18'10"291m
川上ダム
'03.8.3 川上ダム湖
N35゚10'12"E134゚18'27"499m
林道よりツヅラ山
'03.8.3 支線分岐点よりツヅラ山


塩谷林道(仮称)
勝田町塩谷と碇谷の大規模林道粟倉木屋原線勝田西粟倉区間の工事区間を結ぶフラットなショートダート。塩谷からは道なりに。粟倉木屋原林道からは二車線の終わりより左に分岐の工事区間に入りすぐ先の右の分岐が入口となる。碇谷側の旧道は途中に倒木(テクがあれば通行可)があり粟倉木屋原林道と合流の先で行き止りとなる。 最終確認日='03.8.3
N35゚08'32"E134゚15'56"456m
分岐林道入口
'03.8.3 大規模林道工事区間より分岐の入口
袴ヶ仙林道
県道7の勝田町木地山とR373西粟倉村影石を結ぶ舗装林道の木地山林道より分岐するピストン林道。峠付近で袴ヶ仙が望めるほかはあまり展望は無い。林道名は袴ヶ仙林道だが袴ヶ仙の登山道はこの林道からではない。
最終確認日='03.8.3
N35゚10'42"E134゚15'30"646m
峠より袴ヶ仙
'03.8.3 峠より袴ヶ仙を望む


志戸坂峠道・ダルガ峰林道+支線・鍋ヶ谷林道・天児屋林道・・ダルガ峰周辺ダルガ峰周辺の地図&GPSデータダルガ峰周辺の3D展望図西粟倉-勝田エリア
西粟倉-勝田エリアのスポットインフォ西粟倉-勝田エリアのあるばむ
黒谷林道・真船林道・塩谷林道・袴ヶ仙林道・・袴ヶ仙周辺袴ヶ仙周辺の地図&GPSデータ袴ヶ仙周辺の3D展望図
トップページ近隣エリア沖ノ山エリア大通中江エリア上斎原-阿波エリア波賀エリア